『濡羽の家の祟り婚』特集

ひつじぐもより18歳以上推奨女性向けシチュエーションCDレーベル「黒い令嬢」が誕生。
レーベル初作品はダミーヘッドマイクを使用した官能ミステリー
昭和初期前後を舞台に、堀川ごぼご先生のシナリオによる、現実では味わえない、禍々しく背徳に満ちた内容をお届けします。
春の章 き(CV.土門熱) 秋の章 盲いた(CV.刃琉) 秋の章 (CV.深川緑)冬の章 忌(CV.黒瀬鷹)豪華キャストによる陰鬱淫靡な世界をお楽しみください。

暗い欲望呪われた血男たちをその屋敷へ導く―

二〇一七年七月二十一日、第一弾より順次配信開始

その出で立ちから濡羽の家と呼ばれる谷家には、男子が生まれぬ。
ゆえに他家より婿を取る定めであった。
谷家の娘は美しい。
灯りに群がる蛾のように、四人が名乗りを上げた。
そして再び季節はうつろう。

濡羽の家の祟り婚シリーズ

黒一色で塗り固められている濡羽(ぬれば)の家。
某県の山村にある谷家(たにけ)は素封家として知られるが、
旧き因習のために忌避されてもいた。
当主亡き後、谷家の母娘は跡取り探しに明け暮れる。
そこに現れたのが―

  • 春の章
  • 夏の章
  • 秋の章
  • 冬の章

第一弾 春の章 渇き CV.土門熱

濡羽の家の祟り婚 七月二十一日配信

ずっとどんな女かと想像して生きてきた。
各地を転々としながらそれだけが心の慰めだった。
春、一目見てお前だと分かった。
全てが終わったら、話すことがある。
お前もこの濡羽の家も俺のものだ。もう誰にも渡さない。

配信ページ
松本正和 全身図
父と懇意にしていた岡山の実業家
松本正和
成績優秀で高等学校まで進んだ。
兵役後、岡山市内で事業を興し、成功。
病で伏せっていた谷家当主の信頼を得てその娘の許嫁となる。
「私を頼りにしてください。
          お父上の代わりに」
簡易人物紹介 趣味:渓流釣り 癖:物を考えるときに指を鳴らす 行為の際、噛み跡を残す 好きな食べ物:川魚 嫌いな食べ物:特に無し

第二弾 夏の章 盲いた愛 CV.刃琉

濡羽の家の祟り婚 八月十八日配信予定

五つの時だ。君の母に頬を張られた。
濡羽の家へは二度と招かれなかった。
夏、それが叶った。村の因習と彼の存在は福音だった。
村の因習と彼の存在は福音だった。
全てを知ったら、君は憎むだろうか。
谷家の血に僕の跡を残す。そう決めたことを。

comingsoon
里見稔 全身図
東京に暮らす都会的な大学生
里見稔
谷家の遠縁にあたる里見家のひとり息子。
神戸で何不自由なく育ち、東京の大学に進学した。
様々な遊びを覚えており、
夜這いの風習を利用して婚前交渉を試みてくる。
「声を上げたらダメだよ。
  君のお母さんが起きてしまうからね」
簡易人物紹介 趣味:読書・夜遊び・博打 癖:物を考えるときに指を鳴らす 行為の際、噛み跡を残す 好きな食べ物:酒・甘いもの 嫌いな食べ物:川魚

第三弾 秋の章 血 CV.深川緑

濡羽の家の祟り婚 九月十三日配信

父が一度、運命の女について話したことがある。
感傷的になっていたのだろう。縁談を承諾した後、思い出した。
秋、訪れた村で運命を信じた。
俺が愛した女は君だけだ。
濡羽の家の婚礼は俺達で最後にしよう

comingsoon
安藤貴文 全身図
大阪の製薬会社に勤務する研究員
安藤貴文
神戸の裕福な安藤家の長男として何不自由なく育つ。
勤務先の製薬会社で学閥や社内政治に疲れ、谷家の存在する山村を訪れた。
曲がったことは嫌いな天才肌気質。
「都会は疲れるものだよ。
      俺はここで暮らせる君が羨ましい」
簡易人物紹介 趣味:渓流釣り 癖:物を考えるときに指を鳴らす 行為の際、噛み跡を残す 好きな食べ物:フレンチ 嫌いな食べ物:特に無し
coming soon 第四弾 冬の章 禁忌 CV.黒瀬鷹 二〇一七年一〇月二十五日 配信予定
濡羽の家の祟り婚シリーズとは?

「濡羽の家の祟り婚」は2017年7月より毎月発売し全四巻で完結する、
大人の女性向けシチュエーションCDです。
本作品はダミーヘッドマイクで収録しています。
視聴の際にはイヤフォンあるいはヘッドフォンでお楽しみください。

詳しい情報は公式サイトにてご確認ください。
『黒い令嬢』
http://black-lady.com/
copyright 2017. 黒い令嬢 All Rights Reserved.