【アイドルえっぐ】山吹千夏役・世戸和津季さんインタビュー

Q. 『アイドルえっぐ』を収録をしてみての感想を教えてください。

非常に勉強になりましたし、とても楽しかったというのが率直な感想です。
本作では僕自身これまでやったことのないジャンルのお芝居をさせて頂き、その為収録中では終始自分の中のプランに対して葛藤がありました(笑)
産みの苦しみがあった分凄く充実した経験でしたね。
毎テイク毎テイク「当たって砕けろ!!」な気持ちでマイク前に立ちましたので、収録後はこれまで以上にへっとへとでしたが(笑)

Q.山吹千夏を演じるにあたって意識したことや、山吹千夏らしさを出そうとした部分はありますか?

まず最初に『若い』ってなんだろうなぁ、とずっと自問自答してました(笑)
山吹千夏は登場人物の中でも特に若いキャラクターで、見た目も中身も本当に年相応の男の子でしたので、その若さ特有の快活さだったり稚拙さだったり怖いもの知らずなところだったりを、いかに表現するか…。 自分が創ったイメージを千夏としてどう落とし込むかで苦労しました。

Q.ご自身が山吹千夏と似ている、もしくは似ていないと感じる部分はありますか?

負けず嫌いなところは本当に似ていると感じます。
あとは、あからさまなヤキモチやきとかも似てるかも知れません。 以前僕がヤキモチやいている時は端から見ていて本当に分かりやすいと友人に言われたことがありますので、良くも悪くもお墨付きです。

Q.アイたまの他メンバーで、気になるキャラクターはいますか?

流星翔太とは多分気が合うというか、翔太は凄く活力に溢れ且つ精神的にも千夏に近いので(笑)
同じくらいの目線で話せる相手だと思います。結構良いコンビなんじゃないでしょうか。
それと橙山蜜柑には千夏は多分一生敵いません。
詳しくは本編で。

Q.『アイドルえっぐ』の聴きどころを教えてください。

全部、と言うと欲張りな話ですが、是非とも先ずはアイたま達の頑張りを頭から最後まで聴いてください。
未熟な卵達が声優として、人間として成長していく過程そのものが、ストーリー全体を通してしっかりと描かれております。
また、メンバー毎に個々のストーリーもふんだんにありますので、何回も何回も聴いて頂き、皆さんにとっての推しメンを探してください!

Q.『アイドルえっぐ』で好きなシーンを教えてください。

蜜柑が千夏にお芝居の手解きをするシーンが個人的に好きですね。 蜜柑の面倒見の良さやそんな蜜柑に手玉に取られる千夏のぐぬぬ~な感じが、演じていてほんわかしてました。
その後の展開はちょっと凄いですけど(笑)
アレが僕の初挑戦です。

Q.今後の展開への期待などありますでしょうか?

第2弾をっ!!(笑)
というのもありますが、本作をより多くの方に聴いて頂けるように更に多くのメディアに本作が波及していったら良いな~と感じます。

Q.最後に視聴者の皆様へメッセージをお願いします。

山吹千夏役、世戸和津季です。
この作品は奮闘劇であり成長劇であり、頑張るメンズに萌える作品であると僕は感じています。
作中ではみちこちゃん始めアイたま達に様々な形で困難が降りかかります。それを各々がどの様にして乗り越え、成長していったのか。 そしてその努力の先にはどういった結末が待っているのか。是非ともその顛末を聴き届けてください。

また、アイたま達に勝るとも劣らない個性豊かで魅力的な登場人物も大勢登場しますので、お楽しみに!!
そしてアイドルえっぐを末永くご愛聴ください。

Q.【リレーインタビュー】橙山蜜柑役・松本龍二郎さんへメッセージをどうぞ!

次の機会ではこっちが攻めるからね( ̄ー ̄)ニヤリ
その時は相方役宜しく頼みます(笑)
例のシーンでは本当にありがとうございました!!

乙女向け関連一覧