【アイドルえっぐ】有栖川海斗役・織倉俊哉さんインタビュー

Q. 『アイドルえっぐ』を収録をしてみての感想を教えてください。

ボイスドラマの収録経験は多いですが歌収録とラジオ収録はほとんど縁が無く、ずっと憧れだったので、思いっきりぶつかっていきました。
本作では、オーディションを経て顔合わせをして、そこから何度も何度も読み合わせを重ねていって。 一気に長時間かけての収録という形でしたが、毎回楽しくて仕方なかったですよ! 本収録までにどんどんキャラクターが確立されていく様子を見れたのはもちろん、中の人のあんな行動を見たり(笑)
キャストもスタッフも全員が和気藹々としているので、その居心地の良さが収録時もそれ以外の時も、色んな面を引き出せたんだろうなって思います。

Q.有栖川海斗を演じるにあたって意識したことや、有栖川海斗らしさを出そうとした部分はありますか?

真面目な好青年&腹黒俺様キャラと二面性がありますが、どちらも海斗にとっては本性だろうと考え、まずはこの差をどうやって切り替えるか。
それと二面性になる以前の元々の性格はやっぱり根底にあると思うので、どっちの面での台詞においてもその名残を出せるように、と意識しました。
人によっては腹黒時の海斗は嫌なヤツかもしれないですが、演じる側にとっては、そこに人間らしさと超真面目な部分が見え隠れしてるのを表現できるかがカギになったと思います。

Q.ご自身が有栖川海斗と似ている、もしくは似ていないと感じる部分はありますか?

海斗はものすごい努力家でストイックだけど、それが報われないと焦りと不安を溜め込んで爆発させちゃう。 この溜め込んで決壊してしまうあたりは僕自身似ているなぁと。
あ!プロフィールも近いんです。

織倉:12月22日生/静岡県出身/身長179cm
海斗:12月24日生/愛知県出身/身長176cm

逆に似ていないところは裏表ある性格と、上から目線の態度ですかね(笑)

Q.アイたまの他メンバーで、気になるキャラクターはいますか?

自分が担当したキャラクター以外だと…蜜柑と紫月がお気に入りです。 蜜柑はなんだかんだ友達になれそう、紫月は落ち着いて話ができそうな感じ。

Q.『アイドルえっぐ』の聴きどころを教えてください。

本編では、同じくブレイクを目指すメンバー達にもマネージャーに対して「俺はお前達に構ってる暇はない!」とツンとしていた海斗も、だんだんと心を開いていきます。 最初の海斗が、物語が進むうちにどう変わっていくのかを楽しんでいただければと思います。

そしてメンバー5人で歌ったテーマソング!
これは本当に良い曲なので、より多くの方に聴いてもらいたいです!

Q.『アイドルえっぐ』で好きなシーンを教えてください。

一番は、海斗と紫月がみち子を挟んで火花を散らすシーンですね。
互いの意地と意地をぶつけ合うようにバチバチとした場面ですが、収録時もバチバチピリピリと…
このシーンだけ収録前は岩切くんと2人して顔が無表情になってて、ワンシーンで一発OKが出た瞬間に最大のガッツポーズが出ました(笑)

Q.今後の展開への期待などありますでしょうか?

僕にとって海斗は思い入れがとても強く、相棒のような存在ですので、これからも共に歩んでいきたいと思っています。 だからどうしても今後の展開ってのに期待してしまうのは仕方ないよね!うん!←

ドラマやラジオはもちろんまたやりたいですが、収録の合間に香月くんと「イベントができるくらいになりたい!」って話してました。 キャラソンもライブにも意欲的なので、実現を目指せたら嬉しいです。

Q.最後に視聴者の皆様へメッセージをお願いします。

それぞれに問題を抱えて落ちこぼれになってしまった声優達が、1年の期間を通して成長していく物語です。 1年後にようやくスタートラインに立てるようになるまでの彼らの成長、そしてその後の彼らの姿も、どうか見届けてあげてくださいね。

Q.【リレーインタビュー】山吹千夏役・世戸和津季さんへメッセージをどうぞ!

千夏同様にメンバーの中ではかわいいポジションなセトくんなので、きっと皆様をキュンキュンさせる受け答えをしてくれると思います!(ハードル)

「インタビュー中くらい行儀よくしろよ…? 失礼な態度とかするなよ……って、お前のことだ山吹!」

乙女向け関連一覧